刺身によし、煮物によしのほたて。その衝撃の事実をめぐるツイートTwitter民をはじめ、北海道民までも戦慄させています。これはある意味知りたくなかったやつ……!

【画像で見る:黒い点の正体】

 話題を呼んでいるのは、笑って遊べるさかな4コマずかんを発表しているさかなおにいさん かわちゃん(@sakana_bro)さんの作品、「ほたてのびらびらの秘密」。

 さっそく「ゴキゲンなメンバー(部位)を紹介するぜ!」と始まったのは、ほたての部位にまつわる紹介で、まずは「貝柱」。実は“殻をとじるための筋肉”だといい、ほたてパタパタしながら時速50キロで泳げるのも、この貝柱のおかげとのこと。かわちゃんさんは“貝界のマッチョメン!”と評価しつつ、「マッスルすぎて貝なのに泳げちゃう」ともコメントしています。

 続いては「生殖巣」「中腸線(うろ)」「外套膜(がいとうまく/貝ひも)」の紹介。この中に出てきた「外套膜」こそが、いわゆる“ビラビラ”であり、ほたての貝がらを作る器官なのだそうです。

 「あとびらびらには目が60~120個ついている(ミテイルゾ…)」と、ここで突然ビラビラについている黒い点は全部ほたての“目”であることがイラスト付きで明かされました。

 この衝撃の事実について、かわちゃんさんは「名誉北海道民の皆さんも知らないホタテの話」とツイートしており、この4コマを見た人からは「こわっ!?」「目っ?!」「目がめちゃくちゃついてるの知らなかったわ!」「道民なのに知らんかったわ……」と驚きの声が上がっているほか、「知りたくなかった…ホタテの目…(ホタテ大好き)」との声も。ちなみに青森県ほたて流通振興協会によると、ほたての目は「物を識別するというより光を感じる程度」とのことでした。

 かわちゃんさんは、Instagramでもクスッとためになる さかな4コマ図鑑を投稿中。気になる人はチェックしてみると良さそうです。

作品提供:さかなおにいさん かわちゃん(@sakana_bro)さん

(Kikka)

話題の作品「ほたてのびらびらの秘密」


(出典 news.nicovideo.jp)

ホタテガイ(帆立貝、学名:Mizuhopecten yessoensis)は、二枚貝綱- 翼形亜綱- イタヤガイ科のMizuhopecten 属に分類される軟体動物の一種(1種)。通称、ホタテ(帆立)。寒冷海洋性 食用としても重要な貝類の一つ。 開国を要求するために日本に来航したマシュー・ペリー率い
30キロバイト (3,526 語) - 2021年3月10日 (水) 15:01


まさかの目・・・。

<このニュースへのネットの反応>

【【衝撃】「こわい」「知りたくなかった」 ほたてのびらびらについている黒点って・・・】の続きを読む


クレーム (カスタマーハラスメントからのリダイレクト)
2015年7月9日閲覧。 ^ お客様は神様?カスタマーハラスメント産業保険新聞 2014年7月4日 ^ 飲食店の「カスハラ」傾向と対策。悪質クレーマーからスタッフを守るには? Foodist 2019年1月18日 ^ 2018年2月21日 第8回「職場のパワーハラスメント防止対策についての検討会」議事録厚生労働省
38キロバイト (5,613 語) - 2021年3月18日 (木) 17:21



(出典 dol.ismcdn.jp)


おじさんだけでなく、おばさんも見かけます。

1 Egg ★ :2021/03/28(日) 22:40:43.32

3/28(日) 21:50
https://news.yahoo.co.jp/articles/44eeb838a4504a3bef2447de12d2b43c480d66c4 

◆スーパーマーケットの店員を悩ませるカスハラ

先日、近所のスーパーマーケットで店員に怒鳴っているおじさんを見かけて、なんだかイヤな気分になってしまいました。

おじさんには限りませんが、スーパーマーケットでは、不当なクレームをするカスタマーハラスメント、いわゆるカスハラ被害が少なくない様子。UAゼンセンがサービス業に従事する所属組合員を対象に実施した「カスタマーハラスメント実態調査」(2020年)によれば、スーパーマーケットで働く58.2%の人が「直近2年以内に顧客の迷惑行為の被害にあったことがある」と回答しています。

そこで、某スーパーチェーンの女性店員に、どんなときにおじさん客に理不尽にキレられたことがあるか、体験談を語ってもらいました。

◆レジでの会計時は地雷の宝庫
「支払いのときお客さまが小銭を落としたので、拾うのを待っていたら『手伝わないのか』とキレられました。2~3枚だったのですぐだと思ったのですが……」

いちいち揚げ足をとる人も少なくないといいます。

「お弁当を買った方に『お箸をお付けしますか?』と聞いたら、『割り箸も付けないで、手で食えってことか。そんなもんだまって付けろ』と怒鳴られて。ひとこと『はい』と言ってくれるだけで、ストレスなく接客できるのになあと思います」

店員のミスを許せない人もいるようです。

「カゴに山盛りに商品を入れて持ってきたお客さまがいたんですが、レジで店員がカゴを引き寄せた拍子に、一番上にのっていたパンを床に落としてしまったんです。そうしたら『床に落ちたものなんか買えるか。交換しろ』と激怒。もちろん交換しましたよ。でもそのお客さま、会計後にサッカー台(袋詰めをする台)の前で自分でもパンを落としたんですよ! 何ごともなかったかのように拾って袋に詰めていたので、自分で落とすのはOKなんだ~と思いましたね(笑)」

◆マイバッグやコロナ禍ならではのトラブルも

マイバッグが主流になり、袋詰めのクレームも増えたそう。

「うちの店はシュパットや段ボールへ詰めるのはお客さま自身にお願いしているんですが、『どうしてダメなんだ』と怒る人はいます。ちゃんと説明したつもりなのですが、『対応が悪い』とネットに悪口を書かれたこともありますよ」

コロナ禍ならではのトラブルも。

「いまだにマスクをしないで来店する人がいます。『マスクにご協力ください』と表示はしていますが、強制力はないんですよね。あとはレジで店長がお客さまを『どうぞ~』と呼んだら、まだ前のお客さまがいたようで『ソーシャルディスタンスとってるんだけど』とお怒りに。その苦情はサービスカウンターにいた私が受けたので、対応した店長にやんわり伝えたところ、今度は店長から私が『うるさい』と怒られてしまいました。ちなみに店長もおじさんです……」


【【悲報】スーパー店員を悩ませる「カスハラ」体験談 <キレるおじさん客が増えている?>】の続きを読む


【歌会】眞子さまの「ちぐはぐさを感じるお歌」は小室圭さんへの葛藤の表れ?

眞子さまの心の乱れがあらわされた歌かな・・・。

NO.9355910 2021/03/28 17:37
眞子さま歌会始の歌は小室圭さんへの葛藤の表れ?
眞子さま歌会始の歌は小室圭さんへの葛藤の表れ?
「ちぐはぐさを感じるお歌ですね」

 和歌の研究者のひとりは、秋篠宮さまの長女、眞子さまの和歌に、そう感想を漏らした。

 3月26日、コロナ禍で延期されていた皇室の新年行事、歌会始の儀が宮殿松の間で執り行われた。お題は、「実(じつ)」。

 眞子さまは、幼い頃から色合いがお好きだという烏瓜の実を詠んだ。 

<烏瓜その実は冴ゆる朱の色に染まりてゆけり深まる秋に>

 秋の深まりを表現した和歌だが、先の研究者は、矛盾する要素が織り込まれていると指摘する。

 まず、寒色を連想させる『冴ゆる』に暖色に属する『朱の色』が続く。     
また、『冴ゆる』は、鋭さや瞬間的な要素を持つ言葉でもある。じっくりとした時間の流れが伝わる『染まりてゆけり深まる秋に』という後半の句とも対照的である。

「詠んだご本人も、意識しておられると思います。烏瓜は、俳句などではよく選ばれる題材ですが、名前の通りやや俗っぽく、古典的な和歌にはあまり登場しません。皇室の状況は承知しておりませんが、現実に馴染めない思いや葛藤が、にじむ和歌だと感じました」

 小室圭さんとの結婚問題が注目を集めている眞子さまの和歌だけに、状況に重ねて受け止められるのは、やむを得ない部分もあるだろう。

 ある宮内庁幹部も、率直な印象を吐露する。

「『染まりてゆけり』は、恋が深まっている思いを表現しておられると感じました。現実には、出口が見えない状況ではありますが」 

 歌会始めの儀では、宮家の皇族方、そして皇后陛下、最後に天皇陛下の順に和歌が披講される。

<感染の収まりゆくをひ..

【日時】2021年03月28日 10:01
【ソース】AERA dot.


【【歌会】眞子さまの「ちぐはぐさを感じるお歌」は小室圭さんへの葛藤の表れ?】の続きを読む


サーモンは子供たちにも人気!

NO.9347592
「回転寿司」でよく食べるネタランキングTOP10! 第1位は10年連続で「サーモン」
「回転寿司」でよく食べるネタランキングTOP10! 第1位は10年連続で「サーモン」
マルハニチロは、2021年3月5日~3月12日の間で「回転寿司に関する消費者実態調査」を実施。いくつかの調査結果のうち、今回は「回転寿司でよく食べるネタランキング」を紹介します。

■第3位:ハマチ・ブリ
 第3位は「ハマチ・ブリ」。全体の29.7%の人が回答しました。しっかりした歯ごたえと豊富な脂身が楽しめるブリと、さっぱりした風味を感じられるハマチは高い人気を集めているようです。

■第2位:マグロ(赤身)
 第2位はマグロの赤身でした。全体の34.6%の人が回答しました。寿司ネタの王道として多くの人に親しまれている、マグロの赤身。脂が少なく、サッパリといただける人気ネタです。

■第1位:サーモン
 そして第1位は「サーモン」が選ばれました。全体の45.4%の人が回答し、過半数に近い支持を集める結果になりました。2012年の調査から10年連続で1位の座を獲得。回転寿司の人気ネタとして、サーモンは定番となっているようです。見た目にも鮮やかで、とろけるような舌触りと脂の甘味が魅力のサーモンは生はもちろん、炙って食べてもおいしいですよね。



【日時】2021年03月25日 12:05
【ソース】ねとらぼ
【関連掲示板】


【「回転寿司」でよく食べるネタランキングTOP10! 第1位は10年連続で「サーモン」】の続きを読む


【批判】「韓国選手はなぜこれほど汚くなれるのか」=日本戦のラフプレーを中国メディアが批判

どんな時も、正々堂々とプレイする日本は素晴らしい!

NO.9350876 2021/03/26 17:37
「韓国選手はなぜこれほど汚くなれるのか」=日本戦のラフプレーを中国メディアが批判
「韓国選手はなぜこれほど汚くなれるのか」=日本戦のラフプレーを中国メディアが批判
サッカーの日本代表対韓国代表の国際親善試合が25日、日産スタジアムで行われ、日本が3-0で韓国に勝利した。

序盤から試合を支配した日本は、16分に大迫勇也のヒールパスから代表初出場の山根視来が豪快にたたき込んで先制。27分にはカウンターから鎌田大地がゴール左隅に決めてリードを2点に広げる。

前半をシュート1本に抑え込まれた韓国は、後半にやや攻勢に出るも動きは重く。逆に日本が38分にコーナーキックから遠藤航がヘディングでダメ押し点を挙げ、3-0で快勝した。中国のニュースサイト・騰訊網に掲載された記事は「日本サッカーはアジアで頭一つ出た存在。韓国はソン・フンミンがいたとしても役には立たなかっただろう」と伝えた。

また、試合のハイライトを見た中国のネットユーザーからは、「日本はすごいな」「日本の層の厚さよ。韓国までもが引き離されている」「日本の出来は素晴らしかった。韓国とはレベルが2つくらい違う」「日本はフィジカルでも韓国に負けなくなった。技術は元々ある。アジアNo.1はでまかせじゃない」「韓国サポーター『横浜から泳いで帰ってこい』」「というか、グラウンドの芝の質がすごく良い。中国にはこんなスタジアムない」といった声が寄せられている。

このほか、スポーツメディアの捜達足球は、「友誼試合(親善試合)が友尽試合(友情が尽きる試合)に変わる!韓国代表は本当に汚い」と題する記事を掲載。



【日時】2021年03月26日 12:10
【ソース】Record China


【【批判】「韓国選手はなぜこれほど汚くなれるのか」=日本戦のラフプレーを中国メディアが批判】の続きを読む


池田エライザさんの悩み『私生活は本当にセクシーじゃないんです』

でも、存在がセクシーで素敵な方ですよね。

NO.9353956 2021/03/27 21:35
池田エライザ『私生活は本当にセクシーじゃないんです』 世間の評価とのギャップに悩み
池田エライザ『私生活は本当にセクシーじゃないんです』 世間の評価とのギャップに悩み
「じつは私、“ガリ勉” 気質で(笑)。たとえばファッションは、お仕事を始めたころ、当時の事務所のマネージャーに『お願いだから服について興味を持って』と頼まれて、勉強したんですよ。

 あとは、『ブログに上げる写真が不細工過ぎるから、どうにかもっと、かわいい写真を上げて』とも言われましたね。当時、ぎりぎりまでガラケーで粘っていたんですが、そう言われてスマホにして専用アプリを入れて、撮り方を研究しました」

“ガリ勉魂” が高じて、ティーンの女子ファンたちから「おしゃれのカリスマ」と呼ばれるまでになった池田。しかし新型コロナ感染対策による2度の自粛期間を経て、そのライフワークにも変化が。

「コロナ禍でいちばん自分とのあいだに距離ができたものが、SNSをはじめとする、デジタル社会でした。

 かつてはSNSでのイメージが自分を形成していて、ネット上での自分の見られ方をすごく大事にしていました。だけど、操作しようとしてもできないし、操作しようとすること自体が間違っていると思うようになったんです。『誤解する人はどうやっても誤解するし、わかってくれる人はいるから、私は職務をまっとうするか』と。

 考えてみれば、私の与えられた職業はSNSだけで成立するものでもありません。それで『あれもこれもとやりすぎると、どれも中途半端になるなあ』という思いに至って、もともと自分の本質に近い、文章・映画撮影・芝居というところに戻ってきましたね」



【日時】2021年03月27日 20:00
【ソース】Smart FLASH


【池田エライザさんの悩み『私生活は本当にセクシーじゃないんです』】の続きを読む

このページのトップヘ