国内ニュース


 刺身によし、煮物によしのほたて。その衝撃の事実をめぐるツイートTwitter民をはじめ、北海道民までも戦慄させています。これはある意味知りたくなかったやつ……!

【画像で見る:黒い点の正体】

 話題を呼んでいるのは、笑って遊べるさかな4コマずかんを発表しているさかなおにいさん かわちゃん(@sakana_bro)さんの作品、「ほたてのびらびらの秘密」。

 さっそく「ゴキゲンなメンバー(部位)を紹介するぜ!」と始まったのは、ほたての部位にまつわる紹介で、まずは「貝柱」。実は“殻をとじるための筋肉”だといい、ほたてパタパタしながら時速50キロで泳げるのも、この貝柱のおかげとのこと。かわちゃんさんは“貝界のマッチョメン!”と評価しつつ、「マッスルすぎて貝なのに泳げちゃう」ともコメントしています。

 続いては「生殖巣」「中腸線(うろ)」「外套膜(がいとうまく/貝ひも)」の紹介。この中に出てきた「外套膜」こそが、いわゆる“ビラビラ”であり、ほたての貝がらを作る器官なのだそうです。

 「あとびらびらには目が60~120個ついている(ミテイルゾ…)」と、ここで突然ビラビラについている黒い点は全部ほたての“目”であることがイラスト付きで明かされました。

 この衝撃の事実について、かわちゃんさんは「名誉北海道民の皆さんも知らないホタテの話」とツイートしており、この4コマを見た人からは「こわっ!?」「目っ?!」「目がめちゃくちゃついてるの知らなかったわ!」「道民なのに知らんかったわ……」と驚きの声が上がっているほか、「知りたくなかった…ホタテの目…(ホタテ大好き)」との声も。ちなみに青森県ほたて流通振興協会によると、ほたての目は「物を識別するというより光を感じる程度」とのことでした。

 かわちゃんさんは、Instagramでもクスッとためになる さかな4コマ図鑑を投稿中。気になる人はチェックしてみると良さそうです。

作品提供:さかなおにいさん かわちゃん(@sakana_bro)さん

(Kikka)

話題の作品「ほたてのびらびらの秘密」


(出典 news.nicovideo.jp)

ホタテガイ(帆立貝、学名:Mizuhopecten yessoensis)は、二枚貝綱- 翼形亜綱- イタヤガイ科のMizuhopecten 属に分類される軟体動物の一種(1種)。通称、ホタテ(帆立)。寒冷海洋性 食用としても重要な貝類の一つ。 開国を要求するために日本に来航したマシュー・ペリー率い
30キロバイト (3,526 語) - 2021年3月10日 (水) 15:01


まさかの目・・・。

<このニュースへのネットの反応>

【【衝撃】「こわい」「知りたくなかった」 ほたてのびらびらについている黒点って・・・】の続きを読む


クレーム (カスタマーハラスメントからのリダイレクト)
2015年7月9日閲覧。 ^ お客様は神様?カスタマーハラスメント産業保険新聞 2014年7月4日 ^ 飲食店の「カスハラ」傾向と対策。悪質クレーマーからスタッフを守るには? Foodist 2019年1月18日 ^ 2018年2月21日 第8回「職場のパワーハラスメント防止対策についての検討会」議事録厚生労働省
38キロバイト (5,613 語) - 2021年3月18日 (木) 17:21



(出典 dol.ismcdn.jp)


おじさんだけでなく、おばさんも見かけます。

1 Egg ★ :2021/03/28(日) 22:40:43.32

3/28(日) 21:50
https://news.yahoo.co.jp/articles/44eeb838a4504a3bef2447de12d2b43c480d66c4 

◆スーパーマーケットの店員を悩ませるカスハラ

先日、近所のスーパーマーケットで店員に怒鳴っているおじさんを見かけて、なんだかイヤな気分になってしまいました。

おじさんには限りませんが、スーパーマーケットでは、不当なクレームをするカスタマーハラスメント、いわゆるカスハラ被害が少なくない様子。UAゼンセンがサービス業に従事する所属組合員を対象に実施した「カスタマーハラスメント実態調査」(2020年)によれば、スーパーマーケットで働く58.2%の人が「直近2年以内に顧客の迷惑行為の被害にあったことがある」と回答しています。

そこで、某スーパーチェーンの女性店員に、どんなときにおじさん客に理不尽にキレられたことがあるか、体験談を語ってもらいました。

◆レジでの会計時は地雷の宝庫
「支払いのときお客さまが小銭を落としたので、拾うのを待っていたら『手伝わないのか』とキレられました。2~3枚だったのですぐだと思ったのですが……」

いちいち揚げ足をとる人も少なくないといいます。

「お弁当を買った方に『お箸をお付けしますか?』と聞いたら、『割り箸も付けないで、手で食えってことか。そんなもんだまって付けろ』と怒鳴られて。ひとこと『はい』と言ってくれるだけで、ストレスなく接客できるのになあと思います」

店員のミスを許せない人もいるようです。

「カゴに山盛りに商品を入れて持ってきたお客さまがいたんですが、レジで店員がカゴを引き寄せた拍子に、一番上にのっていたパンを床に落としてしまったんです。そうしたら『床に落ちたものなんか買えるか。交換しろ』と激怒。もちろん交換しましたよ。でもそのお客さま、会計後にサッカー台(袋詰めをする台)の前で自分でもパンを落としたんですよ! 何ごともなかったかのように拾って袋に詰めていたので、自分で落とすのはOKなんだ~と思いましたね(笑)」

◆マイバッグやコロナ禍ならではのトラブルも

マイバッグが主流になり、袋詰めのクレームも増えたそう。

「うちの店はシュパットや段ボールへ詰めるのはお客さま自身にお願いしているんですが、『どうしてダメなんだ』と怒る人はいます。ちゃんと説明したつもりなのですが、『対応が悪い』とネットに悪口を書かれたこともありますよ」

コロナ禍ならではのトラブルも。

「いまだにマスクをしないで来店する人がいます。『マスクにご協力ください』と表示はしていますが、強制力はないんですよね。あとはレジで店長がお客さまを『どうぞ~』と呼んだら、まだ前のお客さまがいたようで『ソーシャルディスタンスとってるんだけど』とお怒りに。その苦情はサービスカウンターにいた私が受けたので、対応した店長にやんわり伝えたところ、今度は店長から私が『うるさい』と怒られてしまいました。ちなみに店長もおじさんです……」


【【悲報】スーパー店員を悩ませる「カスハラ」体験談 <キレるおじさん客が増えている?>】の続きを読む


【歌会】眞子さまの「ちぐはぐさを感じるお歌」は小室圭さんへの葛藤の表れ?

眞子さまの心の乱れがあらわされた歌かな・・・。

NO.9355910 2021/03/28 17:37
眞子さま歌会始の歌は小室圭さんへの葛藤の表れ?
眞子さま歌会始の歌は小室圭さんへの葛藤の表れ?
「ちぐはぐさを感じるお歌ですね」

 和歌の研究者のひとりは、秋篠宮さまの長女、眞子さまの和歌に、そう感想を漏らした。

 3月26日、コロナ禍で延期されていた皇室の新年行事、歌会始の儀が宮殿松の間で執り行われた。お題は、「実(じつ)」。

 眞子さまは、幼い頃から色合いがお好きだという烏瓜の実を詠んだ。 

<烏瓜その実は冴ゆる朱の色に染まりてゆけり深まる秋に>

 秋の深まりを表現した和歌だが、先の研究者は、矛盾する要素が織り込まれていると指摘する。

 まず、寒色を連想させる『冴ゆる』に暖色に属する『朱の色』が続く。     
また、『冴ゆる』は、鋭さや瞬間的な要素を持つ言葉でもある。じっくりとした時間の流れが伝わる『染まりてゆけり深まる秋に』という後半の句とも対照的である。

「詠んだご本人も、意識しておられると思います。烏瓜は、俳句などではよく選ばれる題材ですが、名前の通りやや俗っぽく、古典的な和歌にはあまり登場しません。皇室の状況は承知しておりませんが、現実に馴染めない思いや葛藤が、にじむ和歌だと感じました」

 小室圭さんとの結婚問題が注目を集めている眞子さまの和歌だけに、状況に重ねて受け止められるのは、やむを得ない部分もあるだろう。

 ある宮内庁幹部も、率直な印象を吐露する。

「『染まりてゆけり』は、恋が深まっている思いを表現しておられると感じました。現実には、出口が見えない状況ではありますが」 

 歌会始めの儀では、宮家の皇族方、そして皇后陛下、最後に天皇陛下の順に和歌が披講される。

<感染の収まりゆくをひ..

【日時】2021年03月28日 10:01
【ソース】AERA dot.


【【歌会】眞子さまの「ちぐはぐさを感じるお歌」は小室圭さんへの葛藤の表れ?】の続きを読む


夜に花見をすることは夜桜(よざくら)または夜桜見物(よざくらけんぶつ)と呼ばれる。東京では上野公園や靖国神社など一部のサクラの名所では夜桜のために、ぼんぼりを設置することがある。 東京国立博物館などのように普段は一般公開されていないが花見
35キロバイト (4,308 語) - 2021年3月22日 (月) 16:51



(出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


感染防止をしっかり意識しながら桜を楽しみたいですね。

1 蚤の市 ★ :2021/03/27(土) 20:59:02.55

新型コロナウイルス感染拡大による年明けからの緊急事態宣言が解除され、首都圏では初めての週末を迎えた。天候にも恵まれ、行楽地を中心に各地で多くの人出が見られる一方、感染拡大を懸念する声も漏れた。

春らしい気温で晴れ渡った27日、桜の名所として知られる上野公園(東京・台東)には午前11時ごろから花見客が集まり始めた。園内の標準木は26日に満開となり桜の見ごろがピークを迎えたうえ、28日には雨の予報もあ...(以下有料版で,残り663文字)

日本経済新聞 2021年3月27日 18:34
https://www.nikkei.com/article/DGXZQODG271XQ0X20C21A3000000/


(出典 www.sankei.com)



(出典 www3.nhk.or.jp)







(出典 www.nippon.com)



(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


【【密】上野公園、花見客で「密」! 緊急事態明け初の週末】の続きを読む


美白(びはく、Skin whitening, Skin brightening)とは、色素沈着が少ない、くて明るい肌の色のことである。日本では古くから「色の白いは七難隠す」(色白の綺麗な肌の女性は相貌がそれほど端麗というわけでなくても十分に美人の印象を与える)と言われ、日焼けした黒い肌は労働者階
18キロバイト (2,501 語) - 2021年2月23日 (火) 17:22



(出典 newsbyl-pctr.c.yimg.jp)


そんな風にとらえたことはありませんでしたが…難しい世の中になってきましたね。

1 スタス ★ :2021/03/27(土) 19:20:00.25

花王、「美白」表現を撤廃 人種の多様性議論に配慮

花王は化粧品の「美白」の表記を取りやめる。3月に発売したスキンケア商品を手始めに今後、全てのブランドで美白の表現を使わない。
米国で起こった黒人差別への抗議運動を受け、外資メーカーが肌の色による優劣を連想させる「ホワイトニング」などの表記を取りやめた。
国内勢で初めて花王が肌の色の多様性に配慮することで同様の動きが広がりそうだ。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQODZ25DD30V20C21A3000000/


(出典 www.sankei.com)


【【速報】花王「 "美白"という言葉は黒人への差別なので、今後一切使いません」】の続きを読む

このページのトップヘ