皇室・天皇


【皇室】小室圭さんは諦めたこともあったが… 眞子さまが後に引けない事情

眞子さまの幸せは、今後の小室さんの動きにかかっていますね。

NO.9175505 2021/01/14 08:05
小室圭さんは諦めたこともあったが… 眞子さまが後に引けない事情
小室圭さんは諦めたこともあったが… 眞子さまが後に引けない事情
眞子さまのことを思えば、自分が身を引くべき──世間の逆風を受け、小室圭さんはそう考えたことがあったという。

だが、いまも変わらず、むしろ着実に、結婚への歩みは進んでいる。

そこには、眞子さまが「もう後には引けない事情」があるようだ。

愛する人への思いを込めて詠まれる「相聞歌」は、万葉集の三大ジャンルのひとつ。

いにしえから、皇室でも多くの相聞歌が詠まれてきた。

皇族方の和歌が披露される、年に一度の「歌会始の儀」。

昨年は秋篠宮家の長女の眞子さまが、小室圭さんのことを「月のうさぎ」になぞらえたとみられる歌で、“信じて待ち続ける気持ちの大切さ”を詠まれた。

しかし、今年は新型コロナウイルスの影響で歌会始の儀が延期に。

眞子さまの堪え忍ばれるお気持ちもまた、まだ着地点を見いだせずにいる──1月中旬に予定された儀式「講書始の儀」と「歌会始の儀」の延期が決まったのは8日のこと。

ある宮内庁関係者はこう懸念する。

「新年早々、皇室行事の延期が続き、今後の活動の見通しが立たなくなりました。感染拡大が落ち着いていた時期は皇族方が現地に赴かれる公務も増えていたが、それもまた難しくなる。これから皇族方が国民と触れ合われる機会が減り、自ずと皇室に関する報道も減ることが予想されます。その一方で、注目を浴びるのは眞子さまと小室さんのご結婚についてばかり。今後はおふたりのご結婚についての報道が“悪目立ち”しなければいいのですが……」昨年12月、宮内庁の西村泰彦長官は小室さん側に対し、金銭トラブルの説明責任を求めた。

皇族の婚約内定者とは..

【日時】2021年01月14日 07:05
【ソース】NEWSポストセブン
【関連掲示板】


【【皇室】小室圭さんは諦めたこともあったが… 眞子さまが後に引けない事情】の続きを読む


執り行われた。婚約内定は7月8日に発表される予定だったが、平成29年7月九州北部豪雨を受けて延期された。 婚約内定後、「小室圭の母親と元婚約者との間に金銭問題が生じている」など小室家を巡る様々な報道が相次ぎ、2018年(平成30年)2月6日、宮内庁は「眞子内親王の納采の儀を始めとする結婚関係諸儀式を
32キロバイト (4,039 語) - 2021年1月8日 (金) 12:24



(出典 www.nikkansports.com)


眞子さまのお立場からすると、愛だけで乗り越えるのは難しいですね。

1 Re鬼畜の和洸 ★ :2021/01/11(月) 13:35:44.03

 2021年も秋篠宮眞子さま(29)と小室圭さん(29)の結婚問題から目が離せない。

 本来ならばとっくに結ばれているはずが、2017年末に一部女性誌で小室さんの母・佳代さんの〝借金トラブル〟が報じられたことで、状況が一変。

 小室親子は19年1月に元婚約者男性が工面した400万円は「贈与に当たる」と説明する文書を公表したが、
世間はそれを「借金の踏み倒し」と判断し、さらなるブーイングを浴びせた。

 それでも秋篠宮殿下は昨年11月の会見で「(2人が)結婚することを認める」と発言。
「多くの国民が納得すれば…」と条件付きながら、GOサインを出した。皇室ライターによると「週刊誌でボロカス叩かれても、眞子さまと小室さんの互いを思う気持ちは全くブレなかった。
ある意味、(殿下が)根負けした形」と話す。

 ところが、年末年始にかけて不穏な空気が漂い始める。

 発端は昨年末に発売された「女性セブン」と「週刊文春」。
前者は小室家の最大タブーとも言える実父と父方の祖父の自死に切り込んだもので、佳代さんの人間性に焦点が当てられている。
後者は知られざる小室さんの中高校時代の話で、男子グループで1人の女子生徒を退学にまで追い込んだという。

「この報道に驚いたのが秋篠宮夫妻と美智子上皇后です。
どちらの話も初耳。小室さんの肉親が亡くなっていたことは把握していましたが、その経緯はよくわからなかった。
小室さんの〝裏の顔〟が記された文春もショックだった。
小室親子の説明いかんでは、眞子さまとの結婚に再び暗雲がたち込めることになります」(同)

 宮内庁の西村泰彦長官は先月10日の定例会見で、小室さんサイドに「説明責任を果たすことが重要だ」とプレッシャーをかけたが、
それは借金問題だけではなく、あらゆる疑惑に及ぶ。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


「小室さんの代理人は宮内庁とやりとりしている。
当然、一連の週刊誌報道は否定しているが、それで国民が納得するかは…。
もはや疑惑うんぬんよりも、小室家のルーツを踏まえた上で、眞子さまの結婚相手として『分不相応』という評価が浸透してしまっているように思う」(ワイドショー関係者)

 当の眞子さまは米国留学中の小室さんと「密」に連絡を取り合い、〝別次元〟で生きている。
以前は週刊誌報道にピリついていたそうだが、

小室さんがかねて繰り返す「マスコミのでっち上げ」という説明を信じ、

最近はネガティブな気持ちになる報道から距離を置いているという。

〝愛のチカラ〟だけでどこまで通用するか――。

【記事元:東スポ】https://news.yahoo.co.jp/articles/9395142fa97212feab98bd244fd35b9e6fecef0e

―――以上―――

直近の皇室関連スレ

【皇室】秋篠宮家の眞子さまと小室圭さん『結婚のシナリオに出現した《大物右翼~笹川良一の影》』-なぜネット右翼は反対するのか
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1609913255/


【【皇室】小室圭さん 愛だけでは乗り越えられない「分不相応」の壁】の続きを読む


眞子さま結婚問題「年内決着」か ?

眞子さまが駆け落ち婚?

NO.9155282 2021/01/06 12:28
眞子さま結婚問題「年内決着」か 宮内庁が避けたい「駆け落ち婚」
眞子さま結婚問題「年内決着」か 宮内庁が避けたい「駆け落ち婚」
2021年になっても日本中の注目を集める秋篠宮家の長女・眞子さまと小室圭さんの結婚問題。

まだ新年が始まったばかりだが、今年、眞子さまは30才の節目を迎えられることもあり、「年内での決着が1つの目処」(皇室関係者)とされているという。

小室さんが受験予定の米ニューヨーク州の弁護士試験は、10月末頃には結果が出る。

眞子さまは、直後の11月にも結婚できるよう、心づもりをされているのではないだろうか。

「11月に結婚されるなら、遅くとも6月には納采の儀など儀式を済ませることになるでしょう。すると、4月までに宮内庁はその日程を発表しなければなりません。結婚を順調に進められるよう、宮内庁はご結婚問題をはじめとした秋篠宮ご一家への批判を沈静化させようと、腐心している状態です」(皇室ジャーナリスト)

もしそれができなければ、“最悪の事態”も考えられる。

すなわち、眞子さまと小室さんが、皇族としての通常のプロセスを経ず、強硬に結婚届を提出する可能性だ。

「それが宮内庁がなんとしても避けたい“駆け落ち婚”です。納采の儀を経ないご結婚は前代未聞で、半永久的に後世に語り継がれるでしょう。“天皇の姉と義兄”にあっていいことではない。そうならないために、宮内庁は水面下で小室さんに連絡を取り続け、危機管理の専門家の手でハンドリングせざるを得ないでしょう。何かを発表するのであれば、言葉尻ひとつとっても問題ないよう、事細かに擦り合わせることになるのではないでしょうか」(前出・皇室ジャーナリスト)

危機はいつ去るのか。



【日時】2021年01月06日 11:05
【ソース】NEWSポストセブン
【関連掲示板】


【眞子さま結婚問題「年内決着」か ?】の続きを読む


「眞子さまの結婚一時金を辞退すべき」など抗議殺到 小室圭さんに宮内庁長官が異例の苦言

小室さんからの説明が一言も無いのが・・・
このままだと、国民の理解を得ることが絶望的に。

NO.9141376 2021/01/01 15:15
「眞子さまの結婚一時金を辞退すべき」など抗議殺到 小室圭さんに宮内庁長官が異例の苦言
「眞子さまの結婚一時金を辞退すべき」など抗議殺到 小室圭さんに宮内庁長官が異例の苦言
2020年も年の瀬に迫った。

そこで、反響の大きかった記事を振り返る。

今回は「『眞子さまの結婚一時金を辞退すべき』など抗議殺到  小室圭さんに宮内庁長官が異例の苦言」(12月15日配信)を再掲する。

秋篠宮家の長女・眞子さま(29)の結婚問題が「異例の事態」続きだ。

過去に宮内庁トップが公の場で苦言を呈した皇族の婚約内定者がいただろうか。

一方、小室圭さん側の弁護士は、長官と面会したとも報じられた。

小室さんは金銭問題についてどう釈明するのか?「説明責任を果たすべき方が果たしていくことが極めて重要だ」12月10日、宮内庁の西村泰彦長官は小室さん側の金銭トラブルについて、「きっちり説明していくことで、批判にも応えていけるのではないか」と対応を求めた。

報道によれば前日には、西村長官は小室さんの代理人弁護士と面会したという。

元宮内庁職員の山下晋司氏はこう解説する。

「最近の秋篠宮殿下は、かなりお痩せになっているようで、ご体調が心配されています。小室さん側が動かなければ、さらに悪化させかねません」皇位継承順位1位の皇嗣である秋篠宮さまの健康問題にも影響しかねない。

長官は、眞子さまに関わることを、両陛下や上皇ご夫妻、秋篠宮ご夫妻への報告と許可なしには述べないだろう。

「事前の了解を得ていたとみるのが普通です」(山下氏)さすがに、小室さんと代理人弁護士は、説明責任を果たすのか。

「秋篠宮殿下は誕生日会見でこれまでに3回、説明を求めてこられました。しかし、小室さん側は『解決済み』との文書を出しただけ。殿下の求めに応じたとは言い難い状..

【日時】2020年12月29日 18:00
【ソース】AERA.dot
【関連掲示板】


【「眞子さまの結婚一時金を辞退すべき」など抗議殺到 小室圭さんに宮内庁長官が異例の苦言】の続きを読む


眞子さま結婚のウラで進む秋篠宮家「33億円新居」への引っ越し - 政治・経済ニュース掲示板|爆サイ.com関東版


NO.9140285 2021/01/01 01:27
眞子さま結婚のウラで進む秋篠宮家「33億円新居」への引っ越し
眞子さま結婚のウラで進む秋篠宮家「33億円新居」への引っ越し
秋篠宮さまが11月の誕生日会見で「認める」と発言されたことで、眞子さまと小室圭さんの結婚は確実となった。

一方、眞子さまがご結婚についての「お気持ち」の文書で《今の時点で具体的なものをお知らせすることは難しい状況です》と記されているように、結婚式や新居などはまだ決まっていない。

ニューヨークに留学中の小室さんは、’21年5月にフォーダム大学のロースクールを卒業し、7月にニューヨーク州の司法試験を受けるとみられる。

「小室さんが帰国するまで、ご結婚の日程調整をするのは難しいでしょう。そうすると、挙式は’22年になるのではないでしょうか」(宮内庁関係者)

お二人の新婚生活でとくに注目を集めると思われるのが新居についてだが、実は、秋篠宮ご一家は’19年3月にお引っ越しをされたばかり。

ご一家が’97年から過ごされてきた秋篠宮邸は、皇嗣となられた秋篠宮さまの活動が拡大することを踏まえて、’19年から約33億円を費やして増築工事が行われている。

工事が完了した秋篠宮邸にご一家が暮らし始めるのは’22年3月になる予定だ。

その工事の間、秋篠宮ご一家は赤坂御用地内に約9億8千万円かけて新設された「御仮寓所」にお住まいになることに。



【日時】2020年12月31日 09:00
【ソース】女性自身
【関連掲示板】


【【驚愕】眞子さま結婚のウラで進む秋篠宮家「33億円新居」への引っ越し】の続きを読む

このページのトップヘ