野球


清田 育宏(きよた いくひろ、1986年2月11日 - )は、千葉県鎌ケ谷市出身のプロ野球選手(外野手)。右投右打。千葉ロッテマリーンズ所属。 父の実家は鎌ケ谷市の名産である梨の農家。市立柏高時代は投手で、球速は最速で140km/h前半。制球も良く、スカウトから注目されていたが、東洋大学へ進学。野
43キロバイト (5,581 語) - 2021年1月7日 (木) 16:31



(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


報告はちゃんとしないと、バレます・・・。

1 ひかり ★ :2021/01/15(金) 18:06:01.83

 千葉ロッテは15日、昨年9月末に遠征先の札幌で禁止されていた部外者と会食していたことを球団に報告せず、虚偽の説明をしていた清田育宏外野手(34)に無期限謹慎の処分を科したと発表した。来月の春季キャンプには参加しない。

 週刊誌が7日に清田の部外者との会食と虚偽報告を報じていた。ロッテは10月上旬に8選手を含む計14人が新型コロナウイルスに集団感染していることが判明し清田も陽性と判定された。

 球団は当時、遠征時の会食は部外者を含まない4人以内との内規を定めていた。集団感染発覚時には「ルールを破った選手はいない」と説明していた。監督不行き届きとして松本尚樹球団本部長は厳重注意とした。

 球団広報室は「日ごろよりご声援をいただいているファンの皆さま、ご支援をいただいている関係各位の期待を裏切る事態を招き、深くお詫び申し上げます」とコメントした。

 清田は球団を通じて「自分の行為を深く反省し、また皆さまに応援してもらえるような選手となれるように自分と向き合っていく所存です。この度は本当に申し訳ありませんでした」と述べた。

千葉日報

https://news.yahoo.co.jp/articles/adc3c859dc9652c69f2467460746a8520f7a4367


(出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)



(出典 wezz-y.com)



(出典 image.news.livedoor.com)


【【悲報】ロッテ、清田に無期限謹慎処分  部外者との会食を報告せずと虚偽説明】の続きを読む


菅野智之は4年41億円で残留、松井秀喜は8年60億円、5年50億円+監督手形を蹴ってメジャーへ。“ゴジラ”の夢にかけた本気度 -

夢のメジャーもさすがにコロナ禍では厳しいですね。

NO.9161406 2021/01/08 19:46
菅野智之は4年41億円で残留、松井秀喜は8年60億円、5年50億円+監督手形を蹴ってメジャーへ。“ゴジラ”の夢にかけた本気度
菅野智之は4年41億円で残留、松井秀喜は8年60億円、5年50億円+監督手形を蹴ってメジャーへ。“ゴジラ”の夢にかけた本気度
「夢を捨てきることができないんです。メジャーリーグに行かせてください」

2002年11月1日、巨人が日本シリーズで西武を4連勝で下した2日後。松井秀喜は、原辰徳監督にこう直談判したという。そしてこの1ヵ月後の12月19日、巨人の4番は名門ニューヨーク・ヤンキースと3年2100万ドル(当時約25億4100万円)で契約を結び、日本を旅立っていった――

時計の針を進めて2021年1月8日、巨人からポスティングシステムを利用してメジャー移籍を目指していた大エース・菅野智之は、メジャー球団との契約合意に達せずに巨人残留を決断。そして数時間後、スポーツメディア『ジ・アスレティック』のケン・ローゼンタール記者は、菅野と巨人が4年4000万ドル(約41億5000万円)で契約を交わしたと報じた。この間は毎年オフに契約破棄できる条項が組み込まれており、菅野は2021年オフにもメジャー再挑戦できることになる。

菅野は残留を表明した際、新型コロナウイルスの影響が大きかったと口にした。世界で最もコロナ禍が深刻なアメリカにあって、自身の健康面、無事にシーズンが開幕されるか保証できないという不安材料が拭いきれず、“夢”のメジャーリーグ挑戦を少なくとも1年封印するという選択をしたわけだ。



【日時】2021年01月08日
【ソース】THE DIGEST


【菅野智之は4年41億円で残留、松井秀喜は8年60億円、5年50億円+監督手形を蹴ってメジャーへ。“ゴジラ”の夢にかけた本気度 -】の続きを読む


清原和博氏がYouTubeで重大発表「もう1回清原を見せます」バッティングセンターで打てずに決断 - 芸能ニュース掲示板|爆サイ.com関東版


NO.9120166 2020/12/24 00:07
清原和博氏がYouTubeで重大発表「もう1回清原を見せます」バッティングセンターで打てずに決断
清原和博氏がYouTubeで重大発表「もう1回清原を見せます」バッティングセンターで打てずに決断
西武、巨人、オリックスでプレーした清原和博氏が23日、自身のYouTubeチャンネル「清ちゃんスポーツ」を更新。

肉体改造ダイエット宣言した。

タイトルは「#2ホームランへの道」。

清原氏は「もう一度ホームランを打ちたい」という企画のもと、都内のバッティングセンターで打撃を披露した。

19日に公開した「第1弾」では130キロの軟式球が打てなかったが、今回はその「第2弾」。

まずはバーチャルの巨人・菅野が投げる硬式球120キロに挑戦した。

「マジでやるから」と燃えて打席に立った清原氏。

内角にきた1球目にのけぞり、「菅野は凄いね」とポツリ。

結局16球に対して打球は前に飛ばなかった。

「これ、(YouTubeで)流すのやめよう。あまりにも俺のバッティングじゃない」とつぶやいたほどだった。

続いてバーチャルのDeNA・今永が投げる硬式球100キロに挑戦。

5球目に会心の当たりを披露したが、いい当たりはその一打のみ。

12球目で力なく「ギブ」と泣きが入り、挑戦を終了した。

清原氏は「スイングの遅さ、体力のなさ、ショックやわ」と落胆。

スタッフから「体重は何キロですか?」と聞かれ、「怖いから体重計に乗られへん」と言いつつ「現役時代は108から110キロ。今は130キロくらいある」とお腹をさすってみせた。

続いて「現実として捉えないと。筋肉も全然なくなっている。鶏食って、節制して、もう一回清原を見せます。楽しみしてください。今から始まります。ホームランへの道」と宣言した。


【日時】2020年12月23日 21:45
【ソース】デイリースポーツ


【【YouTube】清原和博氏が重大発表!「もう1回清原を見せます」バッティングセンターで打てずに決断】の続きを読む


日本ハム中田翔5000万円増「レベチ」を流行語に - スポーツニュース掲示板|爆サイ.com関東版


NO.9106338 2020/12/17 21:22
日本ハム中田翔5000万円増「レベチ」を流行語に
日本ハム中田翔5000万円増「レベチ」を流行語に
実は、あのタイトルが欲しかった…。

日本ハム中田翔内野手(31)が17日、札幌市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、5000万アップの3億4000万円でサインした。

球団では新庄剛志氏の3億円(06年)を上回る、史上3人目の高額更改となった。

「本当に狙っていた」と明かしたのは、今年の流行語。

開幕前、例年以上に状態が良いことを「レベチ」と表現。

13年目でキャリアハイの31本塁打、3度目の打点王とレベチな活躍で流行語にも手が届くと思っていた。

「そんなに甘くはなかった。来年こそは、流行語を取れるように頑張りたい」と珍目標を設定した。

契約更改では、レベチな大幅アップを勝ち取った。

球団史上最高額は11年ダルビッシュの5億円で、06年新庄氏を抜いて歴代3位に立った。

3億以上は史上4人目。

119試合に出場してチームを引っ張り「相当キツかった。もうやりたくないですね」とハードな1年を戦い切った。

シーズン後、本塁打に届かなかった一打を評価してもらおうと「フェンス直撃査定」を発案。

交渉の冒頭、球団から「フェンスを低くすることは出来ないんだけど」と切り出され、苦笑い。

「あんなのはビッグマウスだから。最初から自分から話すつもりはなかった」と納得の増額を受け止めた。

今オフはレベチなスピードで、トレーニングを開始。

例年より早く、シーズン終了後、約1週間で始動した。

「ホームラン20本、30本、40本よりも100打点。そこは本当にこだわりを持ってやっていきたい」。

代名詞となった「レベチ」な姿を、揺るぎないものにする。



【日時】2020年12月17日 17:09
【ソース】日刊スポーツ


【【驚愕】日本ハム中田翔が凄い! 5000万円増「レベチ」を流行語に -】の続きを読む


【悲報】斎藤佑樹 60戦以上先発で15勝のみは史上最少 ・・・

それでも諦めずに頑張る佑君にエールを。

NO.9089087 2020/12/10 17:29
斎藤佑樹 60戦以上先発で15勝のみは史上最少
斎藤佑樹 60戦以上先発で15勝のみは史上最少
日本ハム斎藤佑樹投手(32)が9日、札幌市内にある球団事務所で契約更改交渉に臨み、350万円減の年俸1250万円で来季の契約を結んだ。

(金額は推定)

▼日本ハム斎藤の通算成績は88試合で15勝。

救援登板が多い投手は勝ち星が少ないケースもあるが、斎藤は88試合のうち63試合に先発している。

プロ野球史上、先発を60試合以上経験し、通算15勝以下は斎藤1人だけ。

成績では苦戦しているが、契約期間は長い。



【日時】2020年12月10日 02:00
【ソース】日刊スポーツ


【【悲報】斎藤佑樹 60戦以上先発で15勝のみは史上最少 ・・・】の続きを読む

このページのトップヘ