サッカー


本田圭佑さん「一律10万円の再給付『するつもりはない』理由は何ですか?」

理由知りたいですね。

NO.9189984 2021/01/19 18:39
本田圭佑「一律10万円の再給付『するつもりはない』理由は何ですか?」新型コロナへの政府対応に疑問
本田圭佑「一律10万円の再給付『するつもりはない』理由は何ですか?」新型コロナへの政府対応に疑問
サッカーのブラジル1部ボタフォゴを退団した元日本代表MF・本田圭佑(34)が19日、自身のツイッターを更新し、新型コロナウイルス感染拡大に関する政府の対応に疑問を投げかけた。

本田は、麻生太郎財務相がこの日、閣議後の記者会見で、緊急事態宣言の再発令に伴い昨年実施した国民一律に現金を配る「定額給付金」の再支給を求める声が出ていることについて、「国民に一律10万円の支給をするつもりはない」と否定した報道を添付。

「一律10万円の再給付『するつもりはない』理由は何ですか?」とツイートした。

フォロワーからは「この10万で救われる人もいるのに…理由知りたい私も」「使わない方がいて。貯蓄になったからだと思われます。財務省が指摘していた通り」「お金払いたくないからだと思う」など様々な意見が寄せられた。



【日時】2021年01月19日 15:50
【ソース】中日スポーツ


【本田圭佑さん「一律10万円の再給付『するつもりはない』理由は何ですか?」】の続きを読む


2009年度大会以来の決勝再戦はPK決着!山梨学院が青森山田を下し11年ぶり2度目の優勝!

NO.9168947 2021/01/11 18:55
2009年度大会以来の決勝再戦はPK決着!山梨学院が青森山田を下し11年ぶり2度目の優勝!
2009年度大会以来の決勝再戦はPK決着!山梨学院が青森山田を下し11年ぶり2度目の優勝!
■延長戦は互角の勝負で決着つかず…
全国高校サッカー選手権大会は1月11日、埼玉スタジアム2002において決勝の山梨学院(山梨)対青森山田(青森)の一戦が行なわれ、山梨学院が2-2からのPK戦を制し、2度目の優勝を飾った。

両者は11年ぶりの決勝での顔合わせ。

山梨学院は初出場初優勝を果たした第88回大会以来11年ぶり2回目の優勝を、青森山田は2年ぶり3回目の全国制覇を目指した。

試合は序盤、88回大会の再現を見るかのような展開に。

前半12分、敵陣に押し込んだ山梨学院は、右サイドから中央へ展開すると、パスを受けた広澤灯喜(3年)がワントラップから右足を一閃。

鋭いグラウンダーのシュートがネットに突き刺さり、山梨学院が先制する。

前半11分に山梨学院の碓井鉄平(現カターレ富山)の強烈なシュートで先制した11年前の決勝をなぞるような展開となった。

山梨学院の1点リードで迎えた後半、青森山田が反撃に打って出る。

立ち上がりから敵陣に押し込み主導権を握ると、後半12分には武器のロングスローからこぼれ球を松木玖生(2年)が右足ボレー。

これはGK熊倉匠(3年)に阻まれるものの、キャプテンのDF藤原優大(3年)が押し込んで青森山田が同点に追いついた。

青森山田はさらに攻撃の手を緩めず、後半19分には準決勝の矢板中央戦でハットトリックを決めた安斎颯馬(3年)が押し込み逆転。

安斎の得点ランク単独トップに立つ今大会5ゴール目でついに2-1と試合をひっくり返す。

しかし山梨学院もあきらめない。

選手交代で流れを掴むと、ドリブルで抜け出した山口丈善(3年)が放った..

【日時】2021年01月11日 16:39
【ソース】SOCCER DIGEST Web


【【全国高校サッカー】山梨学院が青森山田を下し11年ぶり2度目の優勝!】の続きを読む


ディエゴ・アルマンド・マラドーナ(スペイン語: Diego Armando Maradona, 1960年10月30日 - 2020年11月25日)は、アルゼンチン・ブエノスアイレス州ラヌース出身の元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはフォワードまたはミッドフィールダー。
76キロバイト (9,917 語) - 2020年11月25日 (水) 17:53



(出典 www.nikkansports.com)


心よりお悔やみ申し上げます。

1 Anonymous ★ :2020/11/26(木) 02:23:26.91

 ブラジルメディアによると、サッカー界の「レジェンド」と呼ばれるアルゼンチンのディエゴ・マラドーナさん(60)が25日、死亡した。最近、脳に血腫ができたことが分かり、手術を受けていた。

毎日新聞 2020年11月26日 01時35分(最終更新 11月26日 01時42分)
https://mainichi.jp/articles/20201126/k00/00m/050/006000c

画像

(出典 cdn.mainichi.jp)


(出典 i.imgur.com)


(出典 i.imgur.com)


★1 2020/11/26(木) 01:35:10.29
前スレ https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1606322110/


【【訃報】ディエゴ・マラドーナ(60)、死去 サッカー界の「レジェンド」】の続きを読む



(出典 amd.c.yimg.jp)


なかなか活躍の場がありませんね・・・

1 豆次郎 ★ :2020/10/19(月) 00:56:01.54

10/19(月) 0:54
配信
SOCCER DIGEST Web
これまでで最も早い64分から途中出場

勝ち越し点演出の久保建英がまさかのレッド退場!ビジャレアルは“恩返し弾”2発でダービーを制す

 現地時間10月18日に開催されたラ・リーガ第6節で、久保建英の所属するビジャレアルが、同じ州のライバルであるバレンシアとのダービーに臨んだ。



 ホームのビジャレアルは、エースのジェラール・モレーノが故障で離脱。久保のスタメンも期待されたが、4-1-4-1の右サイドハーフを担ったのは、ライバルのチュクウェゼだった。昨シーズンまでバレンシアのキャプテンを務めていたパレホも先発に名を連ねた。

 試合は序盤にいきなり動く。ビジャレアルは、オーバーラップした左SBペドラサが敵DFガブリエウに倒されてPKを獲得。これをバレンシアのカンテラ出身のパコ・アルカセルが決めて6分にビジャレアルが先制する

 その後もペースを握ったホームチームは、27分にもパス交換からペドラサが抜け出て、左足でシュート。しかし、これはGKドメネクの正面を突く。

 そして37分、バレンシアのショートコーナーから、ゲデスに強烈なミドルを叩き込まれ、同点に追い付かれる。

 後半は一進一退の展開となるなか、64分にエメリ監督が動く。チュクウェゼとマヌ・トリゲロスに代えて、久保とコクランを投入する。日本代表MFには、これまで最長のプレー時間(26分)が与えられた。

 迎えた69分、左サイドからパスを受けた久保がヒールパス。これを受けたパレホが強烈なシュートを突き刺し、勝ち越しゴールを奪う。

 守備にも奮闘していた久保は直後の72分、高く上げた足がガヤの頭に当たり、今シーズン初のイエローカードを受ける。さらに、後半アディショナルタイムにも、タックルで2枚目の警告を受け、まさかの退場となる。

 数的不利に陥ったものの、このままビジャレアルが逃げ切り2-1で勝利。元バレンシアの2選手の“恩返し弾”で、2試合ぶりの今シーズン3勝目を挙げている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/a472a9f7951bb6cdbc9a892dc94bf0d4821ce2b8


【【サッカー】勝ち越し点演出の久保建英がまさかのレッド退場!】の続きを読む


キリンチャレンジカップ (カテゴリ ナショナルチームによる国際サッカー大会)
CUP)は、サッカーの日本代表や日本女子代表が行なう国際親善試合で、日本サッカー協会が主催する試合の名称。キリングループのサッカー日本代表支援プログラムの一環として行われている。2003年(平成15年)からフル代表(A代表、SAMURAI BLUE)の試合についてはサブタイトルとして「GO FOR 2006
50キロバイト (3,067 語) - 2020年5月24日 (日) 13:17



(出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)


嬉しい初勝利ですね!

1 久太郎 ★ :2020/10/14(水) 02:03:52.13

 国際親善試合が13日に行われ、日本代表とコートジボワール代表が対戦した。

 日本は9日のカメルーン代表戦から先発メンバー7名を変更。GKはシュミット・ダニエル、最終ラインは4バックで右から室屋成、吉田麻也、冨安健洋、中山雄太が並んだ。ダブルボランチは柴崎岳と遠藤航のコンビ。前線は右サイドに伊東純也、トップ下に鎌田大地、左サイドに久保建英、ワントップには鈴木武蔵が入った。

 開始2分、日本は右サイドの裏に抜け出した鈴木のクロスにエリア中央へ走り込んだ久保が左足ダイレクトで合わせたが、シュートは大きく枠の上に外れた。27分にはカウンターから鎌田にシュートチャンスが訪れたがDFがブロック。34分には左サイドから仕掛け、久保のクロスに鈴木が飛び込んだがわずかに合わなかった。

 後半に入り47分、日本は左CKに冨安がヘディングで合わせたが、シュートは枠の上に外れた。一方のコートジボワールは48分、エリア内左に抜け出したジェルヴィーニョが左足で狙ったが、ここはGKシュミットがセーブ。50分には細かいパスワークからエリア内でクロスを受けたフランク・ケシエが振り向きざまにシュートを放ったが、枠の上に外れた。

 58分には日本に大きなチャンスが訪れる。エリア手前でパスを受けた鎌田が細かいステップのドリブルでゴール前へ侵入し、右足でシュート。GKが弾いたボールを鎌田がもう一度狙ったが、ここもGKにストップされた。

 日本は61分に久保を下げて南野拓実を投入。71分には前線で粘った鈴木から鎌田へ繋ぎ、最後はゴール前への折り返しに南野が左足ダイレクトで合わせたがシュートはGKに阻まれた。

 1点がほしい日本は73分に鈴木を下げて原口元気、85分には伊東に代えて堂安律を投入。89分には室屋に代えて植田直通を送り出した。すると後半アディショナルタイム1分、右サイドから柴崎が蹴ったFKに植田がヘディングで合わせ、待望のゴールをマーク。このままタイムアップを迎え、日本が1-0で勝利を収めた。

【スコア】
日本代表 1-0 コートジボワール代表

【得点者】
1-0 90+1分 植田直通(日本)

【スターティングメンバー】
日本代表(4-2-3-1)
シュミット・ダニエル;室屋成(89分 植田直通)、吉田麻也、冨安健洋、中山雄太;柴崎岳、遠藤航;伊東純也(85分 堂安律)、鎌田大地、久保建英(61分 南野拓実);鈴木武蔵(73分 原口元気)

https://news.yahoo.co.jp/articles/8f72e3e0802975a9316e0bf272de090087c77d68

★1が立った時間:2020/10/14(水) 01:44:17.34

前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1602607457/


【【サッカー】 日本、コートジボワールを下して2020年初勝利! 決め手は原田直道の劇的ゴール!!】の続きを読む

このページのトップヘ