東京五輪


穂希(さわ ほまれ、1978年〈昭和53年〉9月6日 - )は、東京都府中市出身の元女子サッカー選手。元サッカー女子日本代表。ポジションはミッドフィールダー。 6度のW杯と4度の五輪に出場。2011年FIFA女子ワールドカップドイツ大会で得点王とMVPを獲得。2011年度FIFA最優秀選手賞受賞
47キロバイト (3,733 語) - 2021年3月16日 (火) 15:22



(出典 lovely-lovely.net)


澤さん、元気をありがとう!

1 レムデシビル(愛知県) [CN] :2021/03/18(木) 07:18:47.64


25日に出発式を迎える東京五輪聖火リレーで、第1走者を務める「なでしこジャパン」、
11年サッカー女子W杯優勝メンバーの一員として、澤穂希さんが走ることが分かった。

昨年3月12日時点の第1走者リストに澤さんの名前はなかった。

国内の新型コロナウイルスの感染状況は不透明で、聖火ランナーの辞退者も相次いでいる。
出発式は、なでしこジャパンが頻繁に合宿を行った福島のサッカー施設、Jヴィレッジで行われる。
なでしこW杯優勝メンバーが走るが、米女子リーグに所属する川澄奈穂美ら海外を拠点にしている現役選手は辞退する方向。
大会組織委員会は近日中に出発式を走るランナーを発表する。

澤さんは11年女子W杯ドイツ大会で日本が初優勝した際の主将。大会得点王とMVPにも輝き、
東日本大震災で痛手を負っていた日本に、明るい話題を届けた立役者だった。
同年、優勝メンバーは国民栄誉賞を授与された。澤さんは15年に結婚し、同年に現役を引退。17年には第1子となる女児が誕生した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d1fa6866eebeb43328690bc457d032c9b572cc42


(出典 wide-package.com)



(出典 www.sponichi.co.jp)


【【朗報】「みんな辞退するなら私が走るわ」元なでしこ澤穂希さん 五輪聖火リレー第1走者に】の続きを読む


COVID-19ワクチン > シノファームCOVID-19ワクチン (BBIBP-CorV) シノファームCOVID-19ワクチンは、BBIBP-CorVとも呼ばれ、中国の国営企業シノファーム社が開発した2種類の不活化ウイルスCOVID-19ワクチンのうちの1つである。2020年12月下旬、アルゼンチン
52キロバイト (6,472 語) - 2021年3月10日 (水) 17:50



(出典 i-invdn-com.akamaized.net)


不安しかないです。

1 オムビタスビル(北海道) [EE] :2021/03/12(金) 05:58:52.67


[11日 ロイター] - 国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は11日、中国オリンピック委員会から、
今夏の東京五輪と来年の北京冬季五輪の参加者に新型コロナウイルスワクチンを提供するとの申し出があったと明らかにした。 「中国オリンピック委員会はIOCと協力して、
追加のワクチンを提供する用意がある」とした上で、IOCが追加ワクチンにかかる費用を負担すると表明した。https://news.yahoo.co.jp/articles/5665ff6dbe0ecb27ad789edffe3ccb1e64ab3858


【【悲報】IOC会長、東京五輪参加者に中国製ワクチン提供へ】の続きを読む


(2018年10月4日). “東京五輪・パラ経費3兆円超 検査院指摘、国支出8011億円に膨らむ” (日本語). 産経ニュース. 2019年11月18日閲覧。 ^ “五輪・パラ「直接の支出は2669億円」 内閣官房”. (2020年1月24日)  ^ リオ五輪開催費用の内訳 アーカイブ 2017年8月26日
155キロバイト (18,701 語) - 2021年2月28日 (日) 01:45



(出典 afpbb.ismcdn.jp)



1 砂漠のマスカレード ★ :2021/02/28(日) 08:35:25.35

 毎日新聞と社会調査研究センターが2月13日に実施した全国世論調査では、携帯電話のショートメッセージサービス(SMS)調査の回答者729人を対象に「東京オリンピック・パラリンピックを開催すべきかどうか、あなたのご意見を自由にお書きください」と尋ねた。

 何らかの回答を書き込んだのは638人と9割近くに上った。これまでの調査で自由記述形式の設問における回答率が7~8割程度だったのと比べ、回答者の関心の高さが示された。

 回答を書き込んだ人のうち5割強が新型コロナウイルスの感染状況を主な理由として延期・中止を求める意見だった。アスリートの気持ちに寄り添いながらも、海外からさらにウイルスが持ち込まれる危険や、医療従事者の負担増などを懸念する意見が多かった。開催を求める意見は回答の3分の1程度で、無観客でも開催してほしいという声が目立った。五輪開催への賛否を言い切れない悩ましさをつづった回答も少なくなかった。

 寄せられた多様なご意見は、回答者の承諾を得たものを社会調査研究センターのホームページ(https://ssrc.jp/blog_articles/20210213free.html)で紹介している。

 調査は、毎日新聞と社会調査研究センターが2月13日、18歳以上を対象に携帯SMS機能を使う方法を主体として実施した。コンピューターで無作為に数字を組み合わせた携帯電話と固定電話の番号に自動音声応答(オートコール)で電話するRDS法で対象者を抽出。携帯電話の場合は、調査を承諾した人にSMSで回答画面へのリンク情報を送付。固定電話の場合は、自動音声の質問にプッシュ番号で回答してもらった。目標サンプル数を携帯700件・固定300件に設定し、携帯729件・固定313件の有効回答を得た。

https://mainichi.jp/articles/20210225/k00/00m/050/160000c
毎日新聞 2021/2/25 15:41(最終更新 2/25 15:41)


(出典 www.nhk.or.jp)



(出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)



(出典 www.newsweekjapan.jp)


【【東京五輪】五輪、過半数が「延期か中止」”あなたの意見を自由にお書きください”】の続きを読む


聖火は、1928年アムステルダムオリンピックで再び導入されて以来、近代オリンピックの一部であり続けている。 なお、現在の聖火リレーは、1936年にドイツのベルリンで開催された1936年ベルリンオリンピックで、導入された。 聖火はギリシャのオリンピア遺跡で太陽を利用して採火され、聖火ランナーによってオリンピック開催地まで届けられる。
38キロバイト (5,082 語) - 2021年2月25日 (木) 14:48



(出典 www.jiji.com)



1 砂漠のマスカレード ★ :2021/02/27(土) 21:21:06.80

2021年2月下旬になって、東京五輪の聖火リレー辞退が相次いでいる。森喜朗組織委前会長の辞任劇・島根県の県内聖火リレー中止検討に続いてのランナー辞退の動きは、先行きの不透明感を強めている。

■次々と明らかになった「辞退」

 2月、芸能界で聖火ランナー辞退の口火を切ったのは、ロンドンブーツ1号2号の田村淳さん。森会長(当時)の「オリンピックはコロナがどんな形であっても開催する」という発言などを「理解不能」とコメントして、愛知県での聖火リレーについて3日に辞退を公表した。

 そして26日には、芸能界から辞退のニュースが相次いだ。歌手の五木ひろしさんは出身地の福井県でランナーを務めることになっていたが、スケジュールの都合で辞退することになった。

 福井県の隣県石川県では、常盤貴子さんが辞退していたことが石川県議会での答弁で明らかになり、福島県でリレーに参加予定だった俳優の斎藤工さんもスケジュールが流動的になったことを理由に辞退していたことが報じられる。沖縄県での聖火リレーでも女優の玉城ティナさんが、出身地の浦添市を走る予定だったリレー参加について所属事務所が辞退の申し入れを行っていたことが26日に明らかになった。

 こうした状況に、政界からも反応が。前東京都知事の舛添要一氏は、26日に「芸能人などの著名人が走ると人寄せパンダとなって、密集状態となる。本当に聖火リレーを成功させるには、有名人の参加はすべて取りやめにするというのも一つの手だ」とツイート。

 さらに日本共産党の志位和夫委員長もツイッターで27日、「政府は、次々と聖火ランナー辞退が広がるのはなぜか、よく考えるべきだ。コロナ収束の見通しも、ワクチン接種の見通しも定かでない。医療機関の疲弊と逼迫も続く。こんな状況では、今夏の五輪は無理。国民の多数はそう考えている」と投稿した。

理由は「スケジュールの都合」
 もっとも田村さんを除けば、いずれも辞退理由は「スケジュールの都合」である。2021年の聖火リレーは3月25日に福島県からスタートし、7月23日までかけて47都道府県を巡る予定だった。福島県は3月25日から27日、福井県は5月29日と30日、石川県は5月31日と6月1日、沖縄県では5月1日から2日にリレーが予定されていた。

 このほか、愛知県を走る予定だった将棋の藤井聡太二冠も、スケジュールの問題を理由に2020年10月に辞退の申し入れを行っていたことが2021年2月11日に明らかになっている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2f1b0c919077901b68d5f3029ffedbbad355b7fa
2/27(土) 18:23配信


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)



(出典 portal.st-img.jp)



(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)



(出典 blogimg.goo.ne.jp)


【【東京五輪】聖火ランナー、相次ぐ「辞退」に波紋 政界からも「よく考えるべき」】の続きを読む


スポーツディレクター室伏広治の就任を発表 東京五輪組織委 東京新聞、2014年6月25日 ^ 室伏広治SDの後任に小谷実可子さん…五輪・パラ大会組織委 - 読売新聞オンライン、2020年9月30日 ^ a b c 五輪組織委の広報局長に小林氏 - 朝日新聞デジタル、2017年8月15日 ^ 東京五輪「顧問会議」首相、堤氏ら170人
67キロバイト (6,925 語) - 2021年2月20日 (土) 21:38



(出典 livedoor.blogimg.jp)


そんなにかかります?

1 かわる ★ :2021/02/21(日) 18:50:31.50

衆議院の集中審議で気になる質疑があった。

 「政府は東京五輪・パラリンピックの観客向けにアプリを開発しているというが、費用はいくらなのか」

【写真】五輪「中止だ中止!」名作アニメ再現

 立憲民主党議員の質問に対する政府の答えは「約73億円」だった。

 内閣官房審議官の説明では、外国からの観客の健康管理が目的で訪日前から出国後まで持たせるという。

 国内向けの接触確認アプリCOCOAの開発費は約3億9千万円だった。

 なぜこんなにかかるのか。菅義偉首相の答弁は「正確な数字は知らなかった」。まるで人ごとだ。

 東京五輪で当初掲げられた「コンパクト」はもう吹き飛んだ。「復興五輪」もいつの間にか「人類がコロナに打ち勝った証に」へ置き換わっている。

 気になるのは、入国客にワクチン接種を義務づけず、アプリで済ます動きがあることだ。

 厚労省からは「アプリの機能が不十分なら、五輪後に感染爆発を招く。誰が責任を取るのか」という懸念の声が伝わってくる。

 同省はCOCOAの機能不全を厳しく批判された。それだけに懸念には実感が伴うが、政府内では共有されないらしい。

 政府・与党内には、五輪開催は絶対で、財政論議などはタブーという雰囲気さえある。

 先月亡くなった歴史家の半藤一利さんは思考停止の危険性を度々説いた。首相や与党議員には今こそ、半藤さんの著書を読んでほしい。
https://news.yahoo.co.jp/articles/23d820c88f02942bfa0640be6bacddbcb53e4e64


(出典 i.ytimg.com)


【【驚愕】五輪アプリ開発費73億円に菅義偉「知らなかった」】の続きを読む

このページのトップヘ