水泳


瀬戸大也 もう絶好調、夜遊び満喫し「金メダルとりまーす」 - スポーツニュース掲示板|爆サイ.com関東版


NO.9113132 2020/12/21 00:17
瀬戸大也 もう絶好調、夜遊び満喫し「金メダルとりまーす」
瀬戸大也 もう絶好調、夜遊び満喫し「金メダルとりまーす」
牛に経文──そんな言葉がピッタリなこの男、2021年に“劇的リベンジ”の気配だ。

2020年9月末、「休憩4600円」のラブホ不倫が報じられた日本競泳界のエース、瀬戸大也(26才)。

所属先のANAから契約を解除され、2021年夏の東京五輪の出場も危ぶまれている。

不倫報道後も瀬戸を支える妻の優佳さん(25才)は「現代ビジネス」のインタビューで、責めるどころか夫を気づかってみせた。

《彼にはプレッシャーもあったと思います。メディアには金メダルに一番近い男と謳われ、世間の期待は高まる一方。ポジティブであることを公言している夫でも、さすがに重圧を感じていたはずです》

さすがの瀬戸も、不倫騒動で頭を抱え、泳げない日々に苦しみ、茫然自失の日々を送っているのでは──なんて心配は一切要らないのが、大一番で必ず実力を発揮する強靱なメンタルとスーパーポジティブで知られる瀬戸のスゴいところ。

水泳関係者が明かす。

「最近、人目を忍んでですが、プールを確保して、練習も再開しています。アクシデントで充分に“休養”をとれたせいか(笑い)、泳ぎの方も絶好調のようです。“オリンピックに出場さえさせてくれたら絶対金メダルとれるのに”なんて、心身共にかなり余裕もありそうです」

12月のある夜、トップスイマーの仲間たちと、食事に出かける姿も目撃されていた。

「12月上旬に行われた競泳の水泳日本選手権に出場した選手を慰労するための食事会だったようです。瀬戸さんは出場できなかったので忸怩たる思いかと思いきや、久しぶりの“夜遊び”を仲間たちと満喫している様子でした。人目は避けつつも..

【日時】2020年12月20日 16:00
【ソース】NEWSポストセブン
【関連掲示板】


【瀬戸大也 もう絶好調、夜遊び満喫し「金メダルとりまーす」】の続きを読む



(出典 www.fujitv.co.jp)


奥様を大切にしてあげてください。

1 首都圏の虎 ★ :2020/10/09(金) 09:43:43.41

プール外“スキャンダル“に揺れる競泳の東京五輪代表内定者の瀬戸大也(26)が妻の優佳さん(25)との話し合いの末、離婚危機を回避、夫婦で再出発する方針が固まったことが8日、明らかになった。
 瀬戸は、9月末に不倫問題を「週刊新潮」に報じられた。所属しているマネジメント会社が不貞行為があった事実を認め、公式サイトに夫婦連名で直筆の謝罪文を掲載。その際、今後の夫婦関係について、瀬戸は「自分の行動を猛省し、家族との今後についてはしっかり話し合いたいと思っております」と記し、優佳さんも、謝罪した上で「今後、どのような形で皆様の信頼を回復していくことができるか、そして私たち家族のことについては、よく話し合っていきたいと考えております」と書き綴っていた。

 その後も「週刊新潮」に第二弾が報じられ、他媒体でも瀬戸の女性関係などの噂が次から次へと伝えられているが、この間、夫婦間で何度も話し合いが行われ、瀬戸が今回の不貞行為を“懺悔“。報道された内容についての事実関係を説明したという。

 今回の不倫問題の一番の”被害者”である優佳さんは、当初、相当のショックを受けていたようだが瀬戸の言葉を信じて”裏切り行為”を許した。そのすべてを受け入れた上で、離婚はせず、心を入れ替えて出直すことを約束した瀬戸をもう一度、信頼して夫婦で再出発することを決意したという。家族で手を取り合って、今回の問題で失った信頼を取り戻していく覚悟を固めたのだ。

 旧姓・馬淵優佳さんは、飛び込みの元日本代表。日本選手権を制し、世界選手権にも出場、東アジア大会では銅メダルも獲得している。2人は友人を介して現役時代から交際をはじめ、2017年5月に入籍、2018年6月に長女、今年3月には次女が誕生した。
 優佳さんは、結婚の同年に現役を引退。競技者の瀬戸をサポートする側に回り、アスリートフードマイスターの資格を取得して、食事、栄養面などでも瀬戸の競技活動を支えてきた。昨年の世界選手権で瀬戸は、200m、400mの個人メドレーで、2つの金メダルを獲得して東京五輪代表に内定したが、その際も「妻のサポートがあったから勝てた」と、感謝の言葉を残していた。

 今回の不倫問題で瀬戸が世間に与えていた爽やかなイメージと、アスリート夫婦、イクメンぶりなどの好感度が、すべて失墜。所属先のANAは、「イメージにふさわしくない」と契約を解除、夫婦で出演していた味の素のCMなども中止になった。
 瀬戸は、東京五輪の競泳日本代表チームの主将に指名され、JOCの「シンボルアスリート」にも認定されていたが、それぞれ辞退を申し入れた。

全文はソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/68154c852efd78bda91643a8ef32ba982dfe2378

(出典 amd.c.yimg.jp)


【【競泳】瀬戸大也が夫婦で信頼回復の出直しを決意!】の続きを読む


【日本水連】瀬戸大也 東京五輪代表剥奪は否定的


瀬戸 大也(せと だいや、1994年5月24日 - )は、日本の競泳選手である。埼玉県入間郡毛呂山町出身。2020年9月末まで全日本空輸に所属していた。 リオデジャネイロオリンピック男子400m個人メドレーで銅メダルを獲得。2013年世界水泳選手権の400m個人メドレーで日本人初となる優勝。201
25キロバイト (2,657 語) - 2020年10月2日 (金) 14:34



(出典 tocana.jp)


犯罪を犯したわけではないですからね・・・

【【日本水連】瀬戸大也 東京五輪代表剥奪は否定的】の続きを読む



(出典 news.nifty.com)


環境が一変しましたね。
奥様が気の毒すぎます。

1 Anonymous ★ :2020/10/02(金) 00:31:22.63

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20201001-00062326-jbpressz-soci


 正直に本音を言うが、競泳・瀬戸大也は救いようがない。ご存じの通り、このリオ五輪競泳メダリストは来夏に延期された東京五輪でも男子400メートル個人メドレーでの金メダル獲得など大活躍が期待されている。ところが週刊新潮の不倫報道によって、ここまで順風満帆に歩み続けてきた競泳人生に大幅な狂いが生じた。妻子ある身でありながも、その裏側で不義密通に及んで不貞を繰り返していたからである。しかも週刊新潮の第2弾報道によって別件の不倫までも複数例が発覚し、瀬戸は窮地に追い込まれることになった。

■ 収入源失ったばかりか巨額の違約金が発生する可能性も

 細かいディテールは、この場では割愛させていただく。個人的には他人の不倫問題など興味がないし、どうでもいいことだと思っている。しかし今回の一件で最も許されないのは、やはり瀬戸が「爽やかなトップアスリート」のイメージで世の中の露出を図り、さまざまな企業でイメージキャラクターを務めてきたことにあるだろう。自身のイメージについては本人も十分に分かっていながら、このように相反する不倫を繰り返していたということは契約を締結した相手企業はもちろん、世間に対する重大な裏切り行為である。

 案の上、広告塔を兼ねて所属契約を結んでいたANAから瀬戸は契約を解除された。同社との契約期間は2021年3月までだったが、来年夏に東京五輪が延期されたことを考えれば当初の予定では何もなくクリーンのままだった場合、少なくとも1年の契約延長は確実であったと推察される。だが、それも自身の不始末によってご破算になった。

 さらには、元飛び込み選手の妻と出演していた「味の素」のテレビCM動画も同社の公式サイトから削除されるなど瀬戸は次々とタイアップしていたスポンサーから愛想を尽かされる羽目になっている。身から出た錆とはいえ、月額だけでも総額数千万単位ともっぱらだった収入はぶっ飛んでしまい、相当レベルの打撃を被ると思われる。

 それだけでは終わらない。これら契約を結んでいたスポンサー企業やその他の関連事業者などから莫大な違約金を立て続けに請求される可能性も高まっており、収入源を絶たれてしまった瀬戸にとってシャレにならない事態となりそうだ。カネの工面が困難になるような目も当てられぬ状況に陥ってしまうかもしれない。

 日本オリンピック委員会(JOC)の公式ウェブサイトで公開されている「シンボルアスリート(SA)」からも、15人の内の1人だった瀬戸の名前は削除。“本職”の競泳にも不倫問題による悪影響はじわじわと忍び寄っており、9月30日に瀬戸は都内の日本水泳連盟を訪れて東京五輪の競泳日本代表主将を辞退する意向を伝えた。予定していた日本短水路選手権(10月17、18日・辰巳)への出場は辞退し、今後のレース復帰への見通しも全く立っておらず完全な白紙状態となっているという。


【【悲惨】瀬戸大也 、東京五輪辞退&引退危機】の続きを読む



(出典 contents.oricon.co.jp)


奥様が気の毒です。

1 Egg ★ :2020/10/01(木) 00:11:32.34

9月24日発売の「週刊新潮」(新潮社)によって不倫が報じられた、競泳リオ五輪銅メダリストで東京五輪代表に内定している瀬戸大也選手。

 
30日には、東京五輪競泳日本代表の主将を辞退したと報じられた。加えて、日本オリンピック委員会(JOC)に対して「シンボルアスリート」の契約解除も申し出て、JOCに了承された。

また同日、所属する全日本空輸(ANA)が、契約を解除したと発表。瀬戸を取り巻く環境は、日ごとに悪化している。


「瀬戸は昨夏の世界選手権で200メートル、400メートルの個人メドレーで2冠を達成し、東京五輪では金メダルの最有力候補とまでいわれるほど期待が高まっていました。

元飛び込み選手の馬淵優佳さんと結婚し、2人の娘さんに恵まれ、複数の企業からサポートを受けて、アスリートしては理想的な状態でオリンピックに臨めると思われていました」(スポーツ紙記者)

 
妻の優佳さんは競技を引退し、アスリートフードマイスターの資格を取得するなど、瀬戸をバックアップしてきたことが知られている。

テレビ番組やそれぞれのSNSなどでも、円満な夫婦生活をたびたびアピールし、“オシドリ夫婦”のイメージが定着していた。

 そんななかでの不倫報道だったため、競泳界のみならずスポーツ界全体に大きな衝撃が走った。
ANAが契約解除に際して、「これまで瀬戸選手がアスリートとして努力する姿勢をサポートしてまいりましたが、今回の事案は当社の期待するイメージにふさわしくなく決断に至りました」とのコメントを出していることからも、

瀬戸のイメージが大きく損なわれたことがよくわかる。

 さらに、ここにきて瀬戸に追い打ちをかける情報が相次いでいる。10月1日発売の「週刊新潮」は、瀬戸はほかにも不倫相手がいると報じているのだ。
記事によると昨年9月、瀬戸はインスタグラムでナンパした女性とホテルに行ったという。

 それだけではない。真偽は不明だが、ネット上には追随するように瀬戸の不倫を暴露するツイートも出ている。

「瀬戸大也ついに不倫報道出たんか! 奥さんが最初のお子さん妊娠中の時ぐらいに友達が韓国行った時にクラブで知り合って結婚してると知らずにホテル行ったらしくて後から瀬戸大也って気付いたらしい。
その頃からテレビでおしどり夫婦で出てるん胸*悪かった」

 これが事実なら、第1子を妊娠中にも不倫していたことになる。ネット上は、瀬戸に対する嫌悪を声が相次いでいる。



「瀬戸に対するバッシングが強い理由は、これまで瀬戸が“愛妻家”や“イクメン”をアピールしてきたことが背景にあると考えられます。それが、妻の妊娠中にも浮気しており、
子どもを保育園に迎えに行く前に不倫相手とホテルに行っていたことが判明し、女性を中心に激しい反感を買っているのです。また、妻の優佳さんはインスタで瀬戸への愛情を強く感じさせる投稿を繰り返しており、
それを裏切る行為をしていたことから、優佳さんへの同情と同時に瀬戸への怒りを呼ぶのでしょう」(芸能記者)

 瀬戸は、「爽やかなアスリート」「愛妻家」「イクメン」「努力家」といったイメージによって、
ANAをはじめとする企業からサポートを受けてきた。競泳界でも第一人者として、リーダーシップを託されていた。だが、瀬戸はそれらをすべて失ってしまったわけで、生活基盤すら安定しない状態に陥ったといえる。

 

東京五輪出場が内定しているとはいえ、その権利が剥奪されることもあり得るといった報道も出始めている。スポーツ選手は、結果さえ出せば多少の不祥事も許されると考えるのは甘い。
注目を浴びる立場にいることを自覚し、模範的な生活態度を示すことも重要だ。

2020.09.30 20:30 ビジネスジャーナル
https://biz-journal.jp/2020/09/post_182638.html

写真

(出典 biz-journal.jp)


【【悲報】<瀬戸大也>第1子妊娠中にも不倫…暴露相次ぎ五輪出場が・・・】の続きを読む

このページのトップヘ