フィギュア


紀平 梨花(きひら りか、英語: Rika Kihira, 2002年7月21日 - )は、日本のフィギュアスケート選手(女子シングル)。兵庫県西宮市出身。血液型はO型。トヨタ自動車嘱託社員。マネジメントは IMG。 西宮市立上ヶ原中学校卒業。N高等学校在学中で、2020-21シーズンの所属先はN
45キロバイト (3,697 語) - 2020年12月27日 (日) 13:08



(出典 static.chunichi.co.jp)


本当に凄い!!さすがですね!

1 豆次郎 ★ :2020/12/27(日) 21:30:40.18

12/27(日) 21:25
配信
中日スポーツ
紀平梨花が日本女子では安藤美姫以来17年ぶり4回転成功で連覇!! 2位は坂本花織、3位は宮原知子と全日本女王が独占【フィギュア】

◇27日 フィギュアスケート全日本選手権最終日 女子フリー(長野市ビッグハット)

 2018年GPファイナル女王でSP首位の紀平梨花(18)=トヨタ自動車=が大技の4回転サルコーを日本女子では17年ぶりに成功し、フリー154.90点、合計234.24点で連覇を飾った。SP2位の坂本花織(20)=シスメックス=はフリー150.31点、合計222.17点で2位。SP6位の宮原知子(22)=関大=がフリー143.27点、合計209.75点で3位と全日本女王経験者が表彰台を独占した。

 冒頭の4回転サルコーを鮮やかに決めると、続くトリプルアクセルも着氷。大技2つを決めると、残りのジャンプも成功させた。女子選手が4回転ジャンプを成功させたのは2003年の全日本選手権で安藤美姫が4回転サルコーを成功させて以来17年ぶり。演技後は何度もうなずいて喜びをかみしめた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ac7b5c3a61f70b827c33f45323d2f95efb069d1b


(出典 portal.st-img.jp)



(出典 www.sponichi.co.jp)



(出典 public1.potaufeu.asahi.com)



(出典 www.sponichi.co.jp)


【【フィギュア】紀平梨花が4回転成功で連覇!!  日本女子では安藤美姫以来17年ぶり】の続きを読む


めまいで棄権の本田真凜がインスタ更新  妹・紗来のお守り&メッセージ写真投稿

真凛ちゃん、大丈夫かな?

NO.9126733 2020/12/26 21:45
めまいで棄権の本田真凜がインスタ更新 妹・紗来のお守り&メッセージ写真投稿
めまいで棄権の本田真凜がインスタ更新 妹・紗来のお守り&メッセージ写真投稿
フィギュアスケートの全日本選手権を棄権した本田真凜(JAL)が26日、インスタグラムを更新した。

ストーリー機能を使って4枚の写真を投稿。

妹の紗来から送られたとみられる「真凜大丈夫 しんこきゅうして」のメッセージカードと、「さら」のネーム入りお守りが映った写真や、兄太一が全日本選手権の演技後にガッツポーズする様子の写真など、家族への思いをにじませた。

真凜は前日、朝の公式練習の準備をしている時にめまいの症状で倒れ、棄権。

ファンから心配の声が上がっていた。

今大会は今季限りでの現役引退を表明している兄太一とともに出場する最後の全日本で「全日本では楽しんで演技をしたい」と、意気込んでいたが、無念のアクシデントとなった。



【日時】2020年12月26日
【ソース】デイリー


【めまいで棄権の本田真凜がインスタ更新  妹・紗来のお守り&メッセージ写真投稿】の続きを読む


羽生 結弦(はにゅう ゆづる、英語: Yuzuru Hanyu、1994年(平成6年)12月7日 - )は、宮城県仙台市泉区出身のフィギュアスケート選手(男子シングル)。全日本空輸 ANA所属。早稲田大学卒業。 主な表彰は、2014年・2018年紫綬褒章。2018年国民栄誉賞最年少受賞者。
301キロバイト (30,993 語) - 2020年12月27日 (日) 00:02



(出典 www.sanspo.com)


羽生君、素晴らしかったですね!!

1 鉄チーズ烏 ★ :2020/12/27(日) 08:00:58.18

2020.12.26
https://www.daily.co.jp/general/2020/12/26/0013967717.shtml

(出典 i.daily.jp)


 「フィギュアスケート・全日本選手権」(26日、ビッグハット)

 男子フリーが行われ、今季初戦となった五輪2連覇王者で、SP首位の羽生結弦(26)=ANA=は、合計319・36点で、5年ぶり5度目の優勝を飾った。同じく参考記録ながらスケートアメリカで世界王者のネーサン・チェン(米国)が出した299・15点を超える今季世界最高得点をマークした。

 最終滑走で演技を終え、採点を見届けるキスアンドクライに登場。モニターを見ながら上着をはおろうとしていると、傍らに置いていた愛用のプーさんのティッシュケースに体が当たり、イスから落ちてしまった。

 羽生は、気づくと「あっ」と声をあげ、「痛かったか、お前?ごめんよ」と撫でながら拾い上げた。

 プーさんに、もう落ちないように「お前、ソーシャルディスタンスとっとけ」と言いながら、長いすの端のほうに座らせ、念入りにセッティングした。

 ここでテレビ中継に映っていることに気づき「あっ、映ってた、ありがとうございました」と頭を下げてから採点を見守った。


(出典 www.nikkansports.com)



(出典 www.sponichi.co.jp)



(出典 www.nikkansports.com)


【【フィギュアスケート】羽生結弦 プーさん落下に慌てる「痛かったか、お前?ごめんよ」…】の続きを読む


【苦悩】苦しむ本田真凜 「今日で最後と思って滑った」「今回全日本にでられなかったら・・・」

妖精のような真凛ちゃん、まだまだ見たいですね。
頑張ってほしいです!

NO.9013008 2020/11/11 15:13
苦しむ本田真凜 元世界ジュニア女王の復活を見たい
苦しむ本田真凜 元世界ジュニア女王の復活を見たい
かつての世界ジュニア女王が、苦しんでいる。

19歳の大学1年生、本田真凜(JAL)だ。

悲壮感のにじむ言葉にドキッとさせられたのは7日、東日本選手権(甲府市)の女子フリーの後だった。

「もう今日で最後、と思って滑ったような気がします」大会は総合10位で終えた。

6年連続となる全日本選手権(12月・長野)への進出も決めたが、ボーダーラインは11位まで。

薄氷を踏むようなぎりぎりの予選通過だったことは、本人も自覚している。

「『引退』っていう言葉は考えていなかったけど、最近、本当に、スケートが自分の中で苦しいもので。全日本に今回出られなかったら、何のためにしているのか考えないといけないな、と思っていました」



【日時】2020年11月11日
【ソース】朝日新聞


【【苦悩】苦しむ本田真凜 「今日で最後と思って滑った」「今回全日本にでられなかったら・・・」】の続きを読む


本田真凜 妹・望結が明かす”ちょこちょこ抜けがあります…”「学校行くのにランドセル忘れる、試合に衣装忘れる」

可愛らしいエピソードですね。

NO.8991666 2020/11/03 10:17
本田真凜 妹・望結が明かす意外な一面「学校行くのにランドセル忘れる、試合に衣装忘れる」
本田真凜 妹・望結が明かす意外な一面「学校行くのにランドセル忘れる、試合に衣装忘れる」
フィギュアスケートの本田真凜(19)が、2日に放送された日本テレビ「くりぃむしちゅーの!レジェンド2020フィギュア本田真凜・望結・紗来登場!」(後9・00)に出演。

10月10日に行われたフィギュアスケート東京選手権でのフリー曲の提出音源を間違えた理由を語った。

真凜は「2020年フリー」と書いてあるCDを提出したが、中身がエキシビション用の曲が入っており「終わってから、レディーガガさんの曲なので間違えないように大きく書きました」と「ガガさん」と大きく書かれたCDを手に話した。

MCのお笑いコンビ「くりぃむしちゅー」の上田晋也(50)から「確認しなかったの?本番前に」と聞かれると「いつもは公式練習で曲がかかるが、今大会は何もかからず、ぶっつけ本番で。まぁ自分の責任なんですけど、終わってすぐは『よくやったな』とホッとした気持ちが大きかった」と答えると、上田から「まさか自分を褒めてるの」とツッコまれた。

ただ「車に乗ってから大反省して、しばらく落ち込んでいた」と話していた。

会場にいた妹の望結(16)は曲がかかった時に「真凜のエキシビションや」と気づき「私が行くしかない」と、女子更衣室にあったCDを取りに向かうため「12段くらいある階段を2秒くらいで下りた」と話した。

しかし、真凜からは「頑張った、よくやった」と自分を褒めていて、謝罪はなかったという。

望結は「学校に行くのにランドセルを忘れたり、試合に衣装を忘れてしまう」と真凜の“抜けている”一面を知っていて「今回もか」とあまり驚かなかった。

上田から「抜けていることがちょこちょこあるの?」と聞かれた真凜は「ちょくちょくあります」と答えて共演者たちを笑わせた。

真凜はフィギュアスケート東京選手権でショートプログラム(SP)9位発進。

迎えたフリー演技で提出音源CDを間違え、予定していた「ラ・ラ・ランド」ではなくレディー・ガガの「アイル・ネバー・ラブ・アゲイン」が流れた。

ハプニングがあったものの即興の演技で、失格を免れるどころか順位を上げ、全体7位で終えた。



【日時】2020年11月02日 22:16
【ソース】スポーツニッポン
【関連掲示板】


【本田真凜 妹・望結が明かす”ちょこちょこ抜けがあります…”「学校行くのにランドセル忘れる、試合に衣装忘れる」】の続きを読む

このページのトップヘ