卓球


【卓球】張本智和、チョレイ!を注意され自粛、気迫なく敗退…

コロナ感染対策で声を出さないように自粛を呼び掛けているようなので仕方ないですね。

NO.9182767 2021/01/16 23:07
張本智和、チョレイ!を注意され自粛、気迫なく敗退…「乗り切れない部分あった」
張本智和、チョレイ!を注意され自粛、気迫なく敗退…「乗り切れない部分あった」
「卓球・全日本選手権」(16日、丸善インテックアリーナ大阪)男子シングルス準々決勝が行われ、東京五輪代表の張本智和(17)=木下グループ=は、及川瑞基(23)=木下グループ=に1-4で敗れた。

3年ぶりの日本一を狙ったが、8強で散った。

序盤から先手を奪えず、ラリーでも劣勢。

第4ゲームこそ奪って一矢報いたものの、最後はレシーブがネットにかかり静かな幕切れとなった。

「最初から最後まで地に足がついてなかった。自分(のボール)に威力がない分、相手がいい攻めをしていた」と完敗を認めた。

前日3試合を戦った疲労もあったといい、終始覇気がなく、得点時の声も控えめだった。

「昨日ちょっと声を出しすぎたので、抑えようと思ったが、(そもそも)あまり点を取る機会がなく声を出すことができなかった」と振り返った。

日本協会は今大会、新型コロナウイルス感染対策で声を出さないよう自粛を呼びかけているが、日本一を争う真剣勝負の場とあって、他の選手も勝負所の得点時には大きな声を出す姿も目立つ。

声を出しながらペースをつかむことが信条の張本も前日、厳しい戦況で得点した際には「チョレイ」と絶叫。

自身を鼓舞して逆転勝利につなげたが、審判からは何度か注意を受けており、「やりづらいが、うまくやっていくしかない」と話していた。

この日は気迫を出せないまま敗れたが、対戦した及川は「彼はもともと声を出すタイプなので、気迫がなかったかなと思います。彼は声を出して鼓舞するタイプなので、やりづらかったのかなと思います」とおもんばかった。

張本も「昨日ま..

【日時】2021年01月16日
【ソース】デイリースポーツ
【関連掲示板】


【【卓球】張本智和、チョレイ!を注意され自粛、気迫なく敗退…】の続きを読む


張本智和、薄氷の勝利に「去年の準決勝、決勝よりも苦しい試合」<卓球全日本男子単6回戦>


NO.9179764 2021/01/15 20:04
張本智和、薄氷の勝利に「去年の準決勝、決勝よりも苦しい試合」<卓球全日本男子単6回戦>
張本智和、薄氷の勝利に「去年の準決勝、決勝よりも苦しい試合」<卓球全日本男子単6回戦>
<2021年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)、2021年1月11日~17日>

全日本卓球選手権は5日目が終了し、男子シングルスでベスト8が決まった。

東京五輪代表に内定している丹羽孝希(スヴェンソン)は、39歳の大ベテラン吉田海偉(東京アート)をストレートで下し、好調をキープしたまま準々決勝へ駒を進めた。

一方、張本智和(木下グループ)は、カットマンの御内健太郎(シチズン時計)にマッチポイントを握られるも逆転し、薄氷を踏む勝利を収めた。

■張本智和、試合後のコメント
御内との激戦を制した張本は「去年の準決勝、決勝よりも苦しい試合でした。(勝因は)シンプルにメンタル1つ。4ゲーム取られる前に技術を出すことができたそのメンタルが勝ったポイント」と振り返った。

昨年は決勝で宇田幸矢(明治大学)に苦杯を喫した張本だが、今大会は「自分が向かっていける気持ちで戦えている」と精神面に手応えを感じている。

一方でフィジカル面では、直近腰を痛めており、その回復具合が心配されたが「かなりよくはなっている。ただ、フィジカル系の練習が積めなかった。3試合をやり切れたので、不安な面は解消された」とコメントを残した。

「全日本はかなりレベルが高い。五輪への通過点だと捉えて、自分のすべてを出し切りたい。去年とは違ってどこまで通用するのか試したいと思ってやっています。きっと簡単にはいかないですけど、明日まず勝って明後日に繋げられれば」と16日の準々決勝に向けて意気込んだ。

■男子シングルス6回戦結果
小林 広夢(愛工大名電高・愛知県)2-4 森薗 政崇(BOBSON・東京都)
御内 健太郎(シチズン時計・東京都)3-4 張本 智和(木下グループ・神奈川県)

丹羽 孝希(スヴェンソン・東京都)4-0 吉田 海偉(東京アート・東京都)
吉村 真晴(愛知ダイハツ・茨城県)2-4 及川 瑞基(木下グループ・鹿児島県)

吉田 雅己(栃木県スポーツ協会・栃木県)4-3 大島 祐哉(木下グループ・神奈川県)
郡山 北斗(リコー・東京都)1-4 英田 理志(愛媛県競対・愛媛県)

龍崎 東寅(明治大・東京都)4-2 神 巧也(T.T彩たま・埼玉県)
曽根 翔(愛工大名電高・愛知県)2-4 田中 佑汰(愛知工業大・愛知県)

■男子シングルス準々決勝組み合わせ
丹羽 孝希(スヴェンソン・東京都)- 田中 佑汰(愛知工業大・愛知県)
森薗 政崇(BOBSON・東京都)- 英田 理志(愛媛県競対・愛媛県)
及川 瑞基(木下グループ・鹿児島県)- 張本 智和(木下グループ・神奈川県)
吉田 雅己(栃木県スポーツ協会・栃木県)- 龍崎 東寅(明治大・東京都)

文:ラリーズ編集部

【日時】2021年01月15日
【提供】Rallys
【関連掲示板】


【【苦戦】張本智和、薄氷の勝利に「去年の準決勝、決勝よりも苦しい試合」<卓球全日本男子単6回戦>】の続きを読む


【卓球】張本智和、3位入賞 丹羽を下した韓国選手に勝利!

おめでとうございます!凄いですね。

NO.9024352 2020/11/15 21:53
張本智和、3位入賞 丹羽を下した韓国選手に勝利<卓球・男子W杯>
張本智和、3位入賞 丹羽を下した韓国選手に勝利<卓球・男子W杯>
<ITTF男子ワールドカップ 2020年11月13日〜15日>

15日、大会最終日を迎えた男子ワールドカップではシングルス3位決定戦が行われ、張本智和(木下グループ)が張禹珍(ジャンウジン・韓国)と対戦した。

張禹珍は決勝トーナメント1回戦で日本の丹羽孝希(スヴェンソン)を破るなど、強敵を下しながら準決勝まで駒を進め、樊振東(中国)に敗れてこの3位決定戦に挑んでいる。

準決勝でリオ五輪金メダリストの馬龍(中国)をあと一歩のところまで追い詰めた張本が、この試合はしっかりと勝ちきり、大会3位入賞を決める結果となった。

フォアのコースを活かした張本に軍配第1ゲームは張禹珍の攻撃からの展開が多くなり、11-7で張禹珍が先取した。

続く第2ゲーム、張本が序盤はリードを広げたが、徐々に追い上げを見せた張禹珍が逆転し、このゲームも11-7で張禹珍が取得した。

流れをつかみたい張本は、第3ゲームから相手のフォアサイドを攻める展開で得点を重ねていく。

この戦術で2ゲームを奪い返すことに成功し、ゲームカウントを2-2のタイに戻した。

勝負を分けたのは続く第5ゲームだった。

互いに譲らぬ攻防が続き、シーソーゲームの展開に。

デュースにもつれこむ接戦になったが、14-12で張本が奪い、勝利に王手をかけた。

しかし、張禹珍も譲らず第6ゲームを奪い返し、勝負を最終ゲームに持ち込んだ。

運命の第7ゲーム、リードを広げたのは張本だった。

粘り強い張禹珍をうまくかわし、攻撃的なプレーで得点を重ね、ついに勝利をその手に収めた。

この勝利で張本は3位入賞を決め、喜びの表情を浮かべた。

試合結果
〇張本智和 4-3 張禹珍(韓国)
7-11/7-11/11-9/11-6/14-12/6-11/11-5

文:ラリーズ編集部

【日時】2020年11月15日
【提供】Rallys
【関連掲示板】


【【卓球】張本智和、3位入賞 丹羽を下した韓国選手に勝利!】の続きを読む

このページのトップヘ